本ページには広告が含まれています

ビットコインとイーサリアム15万円チャレンジ!2年間長期保有したらいくら?

ビットコインとイーサリアムを下落で購入し長期保有でガチホ中!
スポンサーリンク
夫・たかし
夫・たかし

この記事では、下記のことを知りたい方へ書いています。

  • 「ビットコインとイーサリアムの購入は、いくら?」
  • 「ビットコインとイーサリアムの長期保有は、いつから?」

ビットコインとイーサリアムを15万円を約2年前に購入しての長期保有しています。「なぜビットコインに興味を持ったのか」「ビットコインとイーサリアムのチャレンジ時期と期間と金額」を現在の状況をブログで公開します。

仮想通貨の長期保有に興味をお持ちの方に向けて、口座の内容を全てお見せします。

この記事で分かること
  • ビットコインに興味を持った理由
  • ビットコインチャートとイーロンマスク
  • チャレンジ時期と現在の口座の状況
  • ビットコインや暗号資産が分かる本
結論
  • ビットコインは、長期保有がオススメです。
SBIグループ・口座開設プレゼント🎁
BITPOINT

ビットコインに興味を持った理由

ビットコインに興味を持った理由

老後の資金問題の不安から、少しでも貯蓄を増やしたいと思い、株式投資の本や経済の本を読み始めました。投資をギャンブルと考えていましたが、コツコツと積み上げる方法を選択すれば、長期的には相場に勝てる方法を知り、2022年から株式の積立て投資を始めました。

2022年は、アメリカを含む各国の中央銀行がインフレを抑えるために異例の利上げを行った年でした。これまで金利と貨幣価値の関係を理解していませんでしたが、経済書を読んでお金の価値やその社会的、経済的な役割について考えるようになりました。

コロナ危機の際に、アメリカやヨーロッパなどの中央銀行が政策金利をゼロに引き下げて、金融緩和を行い、経済を立て直したことで、世界経済はV字回復を果たしました。しかし、極端な緩和政策の結果、世界中でインフレが発生したため、一斉に引き締めが始まったことと理解していました。

当時の私の資産は、ドルの積立て投資も始めたばかりで、全て日本円しか所有していませんでした。日本円も日銀の政策や日本政府の方針によっては将来の価値が保証されるわけではないため、借金大国である日本の将来に不安を感じ、国がコントロールしていない価値の通貨であるビットコインに興味を持つようになりました。

スポンサーリンク

ビットコインチャートとイーロンマスク

ビットコインチャートとイーロンマスク
拡大する🔎

ビットコインに興味を持ったきっかけの一つは、イーロン・マスクの影響です。彼の発言が経済や社会に大きな影響を与えることはよく知られています。

イーロン・マスクの発言 ビットコインの価格をビットコインチャートで確認します。


➊ 2021年の始めに、テスラ社が15億ドルもの大量のビットコインを購入していたことを発表しました。

❷ しかし、数週間後に方針を撤回売却を発表して保有量を1億8,400ドルまでに減らしました。

❸ 2021年3月に、テスラ社車の購入をビットコインで受入れることを発表、ビットコインの需要が急増しました。しかし、数ヶ月後にはビットコインの気候変動への影響を理由に方針を撤回しました。

❹ ビットコインへの期待が高まり、2021年11月9日に当時の最高値777万円を記録しました。

テスラ社は、2022年7月に2021年末時点で約20億ドル相当のビットコインの75%を売却しました。

イーロン・マスクの発言がビットコインの相場を揺るがし、市場が激しく動く様子が確認できます。

スポンサーリンク

チャレンジ!仮想通貨5万円分を購入

チャレンジ!仮想通貨5万円分を購入

2022年になり、ビットコインや仮想通貨についての本を読み始め、参加を考えていましたが、価格が高値圏にあったため、様子を見ていました。

しかし、2022年7月にテスラ社が大量のビットコインを売却したことが明らかになり、価格が急落しました。

価格が下がるかもしれないと考えましたが、これはチャンスかもしれないと思い、5万円分の投資を決断し、7月から購入しました。

5万円分を購入したタイミングとビットコインチャート

5万円の仮想通貨を購入した時期
拡大する🔎

購入した仮想通貨は、コインチェックで購入しました。短い期間ですが、徐々購入しました。

5万円購入した暗号資産の種類とポートフォリオ

種類単位購入金額割合(%)
BTC
ビットコイン
0.006937319,00038
ETH
イーサリアム
0.05641413,00026
XRP
リップル
159.6178,00016
LTC
ライトコイン
0.593295,00010
OMG
オーエムジー
15.3145,00010
合計50,000100

ビットコインの他に、イーサリアムとリップル、ライトコイン、オーエムジーを購入しました。

また、購入後の資産の流れは次の通りです。

コインチェックの口座開設BTCプレゼントキャンペーンで、BTC(0.00093533 BTC)を受け取りましたので、その結果ビットコインの所有量が増加しました。

その後、所有していたOMGが、コインチェックでの取引が廃止になるというので、2023年7月13日に1,234円(-3766円)で損失を受入れて売却し、売却代金でビットコイン(0.00020218 BTC)を購入しました。

スポンサーリンク

コインチェックの現在の残高とポートフォリオ

種類単位現在の金額割合(%)
BTC
ビットコイン
0.0080748181,40260
ETH
イーサリアム
0.05641432,66924
XRP
リップル
159.61714,81910
LTC
ライトコイン
0.593297,7496
合計136,639100

2024年3月現在の残高です。ビットコインの価格が上昇しているので、60%と割合が高くなっています。

コインチェックの口座の残高公開!

コインチェックの口座残高
拡大する🔎
種類購入金額現在の金額評価損益
BTC
ビットコイン
20,23481,402+61,168
ETH
イーサリアム
13,00032,669+19,669
XRP
リップル
8,00014,819+6,819
LTC
ライトコイン
5,0007,749+2,749
OMG
オーエムジー
3766
金額50,000136,639+82,873

2024年3月現在のコインチェック口座の収益は、OMGの損失が響いていますが、82,873円プラスになっています。

口座開設は友達紹介がお得です🎁
スポンサーリンク

チャレンジ!仮想通貨ビットコイン10万円分を追加購入

チャレンジ!仮想通貨ビットコイン10万円分を追加購入

7月には、価格が落ち着いて何とか下げ止まったかと考えていました。しかし、11月にFTXの元CEOであるサム・バンクマン=フリード(Samuel Benjamin Bankman-Fried)の暗号資産の詐欺事件が発覚し、仮想通貨の相場がさらに下落しました。

不安な気持ちもありましたが、今度は倍額の10万円を投資することに決めました。

10万円分を購入したタイミングとビットコインチャート

10万円の仮想通貨を購入した時期
拡大する🔎

購入した取引所は、ビットフライヤーです。この時も一括ではなく、数回に分けて購入しました。

10万円分購入した暗号資産の種類とポートフォリオ

種類単位購入金額割合(%)
BTC
ビットコイン
0.03591189100,000100

今回の購入は、シンプルにビットコイン1本です。

コインチェックの口座の残高公開!

ビットフライヤーの口座残高
拡大する🔎
種類購入金額現在の金額評価損益
BTC
ビットコイン
100,000360,651+260,651

2024年3月現在のビットフライヤー口座の収益は、260,651円プラスになっています。

購入時の相場は、まだ下がりそうな状況であり、購入後も一時的にはマイナスになりました。その後、下落相場での買い増しに踏み切る勇気が持てず、追加の購入は10万円のみでした。

今思えば、もっと多くのビットコインを購入しておけば良かったと後悔しています。

口座開設は友達紹介がお得です🎁
スポンサーリンク

ビットコインの増やし方

ビットコインの増やし方

ビットコインの価格は、チャートを見ても値動きが激しく、短期的な売買を行うことは精神的にも辛いです。また、利益を得たとしても、ギャンブル的な要素が大きくなってしまうと考えます。

金の価格も高値になった際、上がり続けることはないだろうと思っていても、現在でも高値を更新し続けています。ビットコインが同様の動きをするかは誰にも分かりません。下落を待っていてもいつ来るのか分からないし、待っている間に価格が上昇してしまう可能性もあります。

以前はビットコインの将来に疑問を持つ人もいましたが、最近では米国のETFへのビットコイン投資が可能となり、資産として認知されるようになりました。そのため、ビットコインが消える可能性はほとんどないと考える人も増え、投資家の増加が最近の価格上昇の要因の一つと感じています。

ビットコインの投資も、株式と同様にリスクを取れる金額の長期の積立て投資がベストではないでしょうか。

スポンサーリンク

ビットコインや暗号資産が分かる本

暗号資産に興味をもったらオススメしたい本を紹介します。

お金ってなんだろう?貨幣制度や貨幣の未来を考えさせらる一冊です。

・個人の資産が国家と紐づいている現状は果たして健全といえるだろうか? 
・通貨制度の仕組みは安全なのだろうか?

仮想通貨の疑問を一から理解できる入門書の一冊です。

・ビットコインとは?
・ブロックチェーンとは?
・NFTとは?

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

記事を書いている時点では、ビットコインを含む暗号資産の損益はプラスになっていますが、将来の展望は不透明です。

歴史的に見て、第二次世界大戦まで世界の基軸通貨はイギリスのポンドであり、その後にアメリカのドルが基軸通貨となりました。現在でもアメリカの国債上限問題が毎年再燃し、国債の格付けが下げられるニュースも報じられています。長期的に考えると、ドルが絶対的に安全だと断言できないと考える人もいるでしょう。

ビットコインの特徴や可能性に共感できれば、楽しみながら長期保有ができると感じています。

「無料でもらった暗号資産 を長期保有し、増えた金額をこちらで公開しています。」

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました