小学校受験体験記!全滅・全落ち補欠からの繰上がり合格!

小学校受験体験談~合格奮闘記
あや
あや

このような 疑問はありませんか?

  • 小学校受験の合格体験談を知りたい!
  • 小学校受験で、全落ち、全滅した体験談を聞きたい…。
  • 小学校受験の繰上がり合格の体験談を聞きたい…。

この記事では、我が家の小学校受験の結果を体験談としてブログでまとめました。

今回の記事で分かること
  • 我が家の合格体験談(受験の決意から受験結果まで)

記事内では、「不合格・補欠」になり、全落ち・全滅かと諦めていたところ、1校から補欠からの「繰り上げ合格」に至った経緯を説明します。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

私立小学校の説明会に参加

私立小学校の説明会に参加

小学校受験の一歩は、息子の通っていた幼稚園で私立小学校のパンフレットを発見し、それを見たことがきっかけで、説明会に参加しました。

当時は、小学校受験の世界には全く無知で、説明会に行くと、黒ずくめの服を着た保護者に囲まれ、とても圧倒されました。

1人で参加し、洋服はきれいなものを着ていましたが、鮮やかな色合いを選んでしまい、周囲と浮いてしまった気がしました。

正直に言うと、場違いな気分で説明を聞き、パンフレットを受け取って帰りました。

スポンサーリンク

小学校受験の決断

受験の決断をする

家に帰り、私が見た光景や感じた印象を夫に伝えました。

しかし、学校説明会で受けた印象は非常に良かったです。実際にその学校を訪れて感じことは、公立とは異なり、設備や環境が整っており、息子に良い教育環境で勉強させたいという気持ちが芽生えました。

そこで、夫と学費を確認し、私たちの家庭でも払えるか相談をしました。

もともと節約家志向なので、出産前に住宅ローン(35年返済予定を8年で完済)を完済した経緯があり、学費の支払いも何とかなると判断しました。

あや
あや

勘違いをしました。

高卒で、私立小学校出身は身近な人々の中にいなかったので、小学校受験の知識がなく、高額の学費を支払えば高品質な教育が受けられるというイメージに惑わされました。

これが小学校受験の決断を導いた最大の理由です。

スポンサーリンク

小学校受験の塾に通う

塾に通う親子

小学校受験をすると決めたのは、息子が年中の頃でした。調べてみると、受験をするためには専門の塾に通うことが必要だと知りました。

そして、塾の料金を調べると、月に約4万円かかることが分かりました。費用を節約したいと考えたため、受験にぎりぎり間に合う年中の12月に塾の体験会に参加し、そのまま入塾しました。

小学校受験の塾通いから焦る日々

塾通いから焦る日々

同じように12月から1月に入塾した人もいれば、早い人は年少から通っていました。塾に入る前は、何とかなると楽観的に考えていました。

しかし、実際に塾での様子を見ていると、息子の出来の悪さは明らかでした。息子は早生まれであるため、目立ってしまい、親としては心苦しい思いをしました。

それでも、息子が一生懸命努力している姿を見るたびに、どうにか合格できないかという期待とともに不安が押し寄せ、この小学校受験という世界に足を踏み入れた選択が正しかったのかという疑念を感じていました。

スポンサーリンク

小学校受験の受験結果

不合格通知
受験校結果進学
C
受験結果
受験校
  • 3校
結果
  • 2校不合格、1校補欠
進学
  • 1校繰り上がり合格(繰り上がりまで、約1ヶ月半)
あや
あや

小学校受験結果は、正規合格はもらえずに、1校のみ繰上がり待ちになりました。

スポンサーリンク

まとめ

これからがスタート

息子が今や大学生になり、振り返ると当時の自分が全力で取り組んでいたことを思い出します。

受験は準備段階からお金や時間、労力を要するもので、一旦受験を決めると最終的にはどの学校でも合格して欲しいという気持ちになりました。

当時は、私立小学校に入学させることで息子が充実した学校生活を送れるものと信じていました。

我が家の場合、子供の出来が悪かったため、結果的に2校が不合格、1校が補欠という結果となりました。

しかし、幸運なことに補欠校から繰り上げ合格の連絡があり、なんとか入学のチャンスを掴むことができました。

塾の先生からは「入学されても大変だと思いますよ」と嫌みを言われ、その言葉に悔しい思いもしました。

私立小学校受験を選択する家庭は限られています。大学受験を終えた今、小学校受験だけにこだわる必要も結果に落ち込む必要もないと断言できます。

多額のお金を使って臨んだ小学校受験に迷いや葛藤があるなら、別の進路を再考することは間違いではありません。

何よりも、親子で受験に向けて頑張ったことは無駄になりません。たとえ行かない選択をしても、不合格だったとしても、それは新しい可能性への一歩でスタートであることを、皆さんにお伝えします。

「小学校受験の記事を時系列に以下で整理しています。ぜひ参考にしてください。

>>小学校受験vs中学受験どっちか迷う!小学校受験の生の声とは?!

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました